Read Article

【what is ”kemono” ?】ふかふかを目指して、1人イギリスまで旅立ったフェチ子の話


“kemono”とは?

はじめまして!今回記事を担当するのは、ちょっぴりフェティッシュなコスプレが趣味の「あんず」と申します。

突然ですが、世界共通である界隈に通じる “kemono” という言葉をご存知ですか?
そのまま “ケモノ” と読みます。
ふかふかっとした着ぐるみ半獣の事を界隈では “kemono” と読んでいます。

私は今回、単眼の女の子もなかちゃん(@mo_na_ka15)と狐娘のすあまちゃんと一緒に、イギリスのバーミンガムで行われた着ぐるみコンベンションに参加してきました。
p0
イギリスは初めてで、着ぐるみコンベンションに参加するのも初めてでした。
それでも、好奇心とGoogle翻訳だけで海を渡る事ができたので、好きの熱量はすさまじいと思います。

いろんなケモノさんにモフモフしてきました!

聞き慣れない「コンベンション」とは、いわゆる海外の即売会やイベントの呼び方です。

今回は着ぐるみ(ケモノ)中心の交流イベントとなっており、即売会だけでなく、オークションやダンスバトル、カラオケステージなど盛りだくさんのスケジュールで開催していました。
(もっとディープでえっちな集まりもお部屋で同時開催されていましたが、それはまた別のお話…!)

海外コンベンションは事前登録が当たり前で、イベント参加者は自分の名前が入った参加タグを必ず着用して行動します。そこに、自分のキャラクターの名札がついていて、自己アピールも完璧です。

参加費は四日間で一万円くらい。
これには、イベント参加料や施設利用料、オリジナルTシャツなどのおまけグッズがモロモロ付いております。
p1
……とっても豪華です!

イベントはヒルトンホテルが会場。ロビーをはじめ、全てのホールがケモノ仕様でした。
所々に貼ってあるイラストも可愛いし、ロビーに飾ってあるケーキも凄くて、全体で楽しんでいる感じがとても伝わりました。
p2事前の参加者表で確認したところ、日本からの参加は…私ただ1人。

海外の方は皆さん積極的で、ガンガン話しかけてきてくれるのですが…何を隠そう、私は英語が話せないしわかりません。
しかし、全く英語がわからなくても、着ぐるみさんは話さない方も多いので大丈夫。
身振り手振りで気持ちを伝えたり、一緒に写真を撮ったりと問題無くコミュニケーションをとることができました。
個人的には、参加前にツイッター等で会いたいケモノさんを探して、少し仲良くなっておくともっともっと楽しめるかのでは無いかな…と思いました。
p3 p4私がこのイベントで成し遂げたかった事。それは、“たくさんモフモフする事”。

 

ンッハー!!どの子も良い匂いがする〜!

 

大興奮しながらモフモフを堪能させていただきました。
皆さんモフモフを維持するために、いい香りの柔軟剤を使ったり、大きなドライマシンできちんと乾かしたりと、とても気を使ってました。
努力の結晶ですね…!もちろん、もなかもすあまも大きなドライヤーできちんと乾かさせていただきました。良い匂いは、自分も幸せです。

p5

参加者の方は「ハグしていい?」と言葉かジェスチャーで必ず聞いてくれたので、急に抱きつかれたり、叩かれたりしない幸せ空間でした。
着ぐるみのアルバイトをしていた時、ごく稀に乱暴する人がいました。見えない位置から叩いたり、急に後ろから抱きついたり…。
市町村で活躍しているゆるキャラ達も、きっと同じようなことで悩んだ事があるかと思います。
どのキャラクターも、誰かが心をこめて産み落とした子なので、優しく愛でて貰えたら嬉しいです。
(そういう趣味以外で)叩くなんて、ダメ!絶対!

モフモフを求めてイギリスまで一人旅をして、そのままロサンゼルスへ移動した一人のアクティブOTAKU女の萌え語りでした。
私にとって“kemono“は、可愛いの表現であり愛の形だと思っています。
ネコミミ好きから始まり、尻尾、マズル、おてて。
少しでも気になったら、是非!検索してぴったりはまるケモノレベルを見つけてください。

……そして、ぜひ私とお友達になってくださいね!

p6
(n*´ω`*n)

文・写真:あんず
i2cWu13-

Japanes fetish cosplayer !
ロー協公式モデルNo.16
元お針子能力を活かし、コスプレ衣装をも制作できるコスプレーヤー
撮影やイベントの売り子依頼などもお気軽に!
Twitter @anzu_momomiya

The following two tabs change content below.
フェチ東京編集部

フェチ東京編集部

フェチへ一歩踏み出せるメディア

フェチな記事の寄稿をお待ちしています。
Return Top