Read Article

立花奈央子「女装の軌跡と幸福論展」会場レポート


2月6日、銀座8丁目のヴァニラ画廊で行われていた、立花奈央子展「女装の軌跡と幸福論」に行ってきました。

この展覧会は立花奈央子さんの6年間の活動を収めたものということで、中に入るとたくさんのお花。お知り合いの方や被写体になった方まで、様々ありました。

写真2

そしてそのお花たちにせっせとお水をあげていた方が今回の主役・立花奈央子さん
撮影にまつわる様々なことについてお話を聞かせていただきました。

写真1

立花奈央子さん

フォトスタジオ大羊堂代表。
女装コーディネーター、フォトグラファー、メイクリスト。
「フォトスタジオ大羊堂」を経営し、
テレビ・雑誌等でも女装のスペシャリストとして活躍。

引用:http://taiyodo.in/info/profile.html

女装を撮影するということ

実際日常的に女装をしている人たちへの撮影はなかなか難しいようでした。
好奇な目で見られることへの恐怖、自分の中だけで楽しんでおきたいという気持ちなどがあり、撮影はOKでも、展示として世に出すのは、承諾をもらうのに時間が掛かったそう。

女装パフォーマーとの出会い

飾ってあった写真の中で特に目を引いたのは、女装パフォーマーとしてTVなどでも大人気のビアちゃんことladybeardさんの写真。彼は外国人の女装家として今話題の人物です。


ladybeardさん 引用:twitter

彼との出会いのきっかけを聞くと、まだビアちゃんが日本で有名になる前に、知り合いの方から、女装している外国人がいると聞き、被写体にと話したところからの付き合いだそうです。立花さん曰く、海外はドラァグクイーンならいるが、女装はなかなか受け入れてもらえない様子。その点日本は、オネエやオカマやニューハーフなど、様々な人がメディアに出ていることから、女装への理解は多い方なので、ビアちゃんも受け入れてもらえると考えたそう。

※Ladybesrdさんの公式サイトはこちら:http://ladybeard.com/

会場の様子

写真3

画面構成と展示方法がカレンダーに見えて、日常を写真で綴っているような、優しい感じがしました。

写真4

ビアちゃんの写真以外にも、女装カフェの人たち、日常的に女装をしている人たち、モデルとして女装をしている人たち、外国人まで、幅広く女装の方たちを見ることができ、展示としては充実していて、かなり見応えがありました。

写真5

写真6

以上会場レポでした。

text by ぎゅうな

The following two tabs change content below.
すいかとまな板

すいかとまな板

HP http://suikamanaita.wix.com/gyuunaruka
---
すいか(ぎゅうな)
Twitter:@gyuuna_23
---
まな板(るか)
Twitter:@fuhaibutu
Facebook 「極緩るか」で検索
Return Top