Read Article

フェチなタレコミならぬ、フェチなレディコミ


レディコミのフェチに楽しむ方法、教えます

フェチなタレコミならぬ
「フェチなレディコミ」について、
レディコミに長年関わってきた立場から語ろうと思います。
レディコミのフェティッシュさをどう読むか、どう楽しむか。
おまけとして笑いもキーポイントです。

レディコミというと 「バブルの頃誕生した、女性向けのエロマンガ」
と思われるでしょう。黎明期は確かに、
読者をエロな気分にさせる目的のものが沢山出回りました。
しかしそれから20年。
ジャンルは多彩になり、細分化され、
読者層は妙齢の女性から若者、熟女、男性をも巻き込んで、
多種多様な表現方法と手法が生まれました。

その中には非常にフェティッシュで、
淫らで美しいもの、
斬新なもの、庶民的なもの、グロなものなど、
他にはないテイストのものがあります。

以下注目されたレディコミをご紹介します。

キアラ 口絵 森園みるく Kindle Amazon

キアラ 口絵 森園みるく Kindle Amazon

まずは90年代に輝いた名作「キアラ」。
これは本当に当時の経済的豊かさと、
神秘眼の高さが現れてますね。

森園先生の描くキャラクターは、
ボンデージが良く似合い、
衣装など緻密に描かれているので、
ラバーフェチ、エナメルフェチ、ラメフェチ向けです。

虎を愛した女 渡辺やよい ケータイまんが王国

虎を愛した女 渡辺やよい ケータイまんが王国

虎を愛した女 渡辺やよい ケータイまんが王国

虎を愛した女 渡辺やよい ケータイまんが王国

渡辺やよい先生の描く肉体美。
アムールやラビアンで活躍された渡辺先生。
この筋肉、かなりフェティッシュですね。
ペンタッチによる肌の肉感、唇の触感、滴りが見事です。

伊万里すみ子傑作選 Kindle Amazon

伊万里すみ子傑作選 Kindle Amazon

伊万里すみ子先生の、
ベッドシーンの斬新さは、
当時センセーションを巻き起こしました。
構図、体位が、それまでの女性コミックと違い、
リアルでした。
そしてロットリングの線が、
線フェチの心を捉えたとも言われています。

カーマスートラ まんがグリム童話 もろおか紀美子 Kindle Amazon

カーマスートラ まんがグリム童話 もろおか紀美子 Kindle Amazon

もろおか紀美子先生の筆致は、
柔らかい裸体表現が美しい。
しかし最もフェティッシュなのは、
なまめかしい液体のコマでした。
被虐的に悶える主人公の肌を流れる汗、涙、
アレもきらめく美しさ。

レディコミの変遷、そして…

そしてレディコミはだんだん変貌を遂げます。
世間の経済状況に合わせて、
ゴージャスなものよりも、
一般的庶民的なネタ、
嫁姑旋風が巻き起こったんですね。




(ブック放題)

嫁姑 鬼嫁 、パート、犯罪、
特集がスゴいですね。
本の体裁もよりお得感が増すよう、
版が小さくなりページが増えました。
これを業界では枕本と呼びます。

また 90年代の終わりに、
「本当は残酷なグリム童話」
が刊行され、
そのコミカライズが流行ったことから、
レディコミに「グリム童話」
ジャンルが生まれます。
全盛期は何冊も「グリム童話」と題される雑誌が、
刊行されました。

まんがグリム童話 ぶんか社

甘美で残酷なグリム童話 笠倉出版

禁断のグリム童話スキャンダル 竹書房

禁断のグリム童話スキャンダル 竹書房

今でも隆盛を誇る、
ぶんか社「まんがグリム童話」
通称「残グリ」
笠倉出版「残酷で甘美なグリム童話」
通称「甘グリ」
竹書房「禁断のグリム童話」
通称「禁グリ」
他にも多数出てましたが
今現存してるのはぶんか社の
「まんがグリム童話」です

なんといっても6人の奥様たちがドラマを繰り広げる金瓶梅が人気。
かなりアブノーマルなシーン、
フェチなシーンがあり読み応えあります。
電子書籍でもグリムシリーズは人気ですね。

さて、このように多ジャンルの様相を示したレディコミですが、
暫く雑誌の世界も電子書籍界隈も出版が地味な時期がありました。
それはスマホが台頭してきてからです。
ガラケー時代、
携帯で読める漫画コンテンツが提供され始めると、
手軽に読める、コンパクトなので周りを気にしないで読める、ということから
爆発的な勢いでコンテンツが増えました。
中にはエロティックなもの、
それこそフェティッシュなものも数多く提供され、
読者の目を楽しませましたが、
スマホに移行することによって、
規制がきびしくなり、
エロなものはことごとく駆逐されてしまいました。
なので暫くレディコミのリリースは地味だったのです。

ところが、スマホで読めなくなったかわりに、
現在また、雑誌でレディコミが発行されるようになりました。
しかもDVD付きというサービスで。

愛体験DX メディアソフト

愛体験DX メディアソフト

愛体験DXスペシャル メディアソフト

愛体験DXスペシャル メディアソフト

レディコミバブル、復活!

電子書籍では、PCで読める成人指定の
カテゴリでアダルトものが増えてきました。
作者ごとの単品ではなく、
雑誌形式での配信も徐々に増えました。

そして紙媒体で発行されるレディコミ本の中心読者は、
40代~50代という結果が!
レディコミバブルの頃の愛読者が、
また戻って来たのでした!
しかるによって当時の華やかイメージの
レディコミが再録されるようになり、
初めて見る新しいものとして見るという若者も!

そこで当時を知らない方々に、
正しいレディコミの読み方をレクチャーしようと思います。
教材は筆者の1995年の作品。
黒き瞳の誘惑

黒き瞳の誘惑 愛体験DX7月号

黒き瞳の誘惑 愛体験DX7月号

タイトルからしてレディコミです。
もう「誘惑」とかついたら絶対レディコミ。
まずはレディコミには必ず出てくる、
「色男」登場シーン・・
(ここでダサいじゃんとかイマイチとか言ってはいけません。
本編の中では誰がなんと言おうと、色男役はダサくても色男なのです)

黒き瞳の誘惑8

でもなんすかこの男、
携帯とっていきなり
Choって..
イタリアとのハーフという設定だからでしょうが、
いきなり日本でChoとか言う?
当時はネットもSNSもない時代、
こんなふうに自分を「盛って」いたのかもしれませんね。

黒き瞳の誘惑20そして、デカいよ携帯電話!
「Windows 95」が出たばっかりの頃でしたからね・・

それより前の時代になると、
スゲエ金持ちでも
公衆電話で電話かけてます。
こちら80年代作品「熱砂の果実」。

熱砂の果実

熱砂の果実

さてレディコミでよくある展開の、
物語の流れを説明しますと、
必ずと言っていいほど、
主人公は婚約した男性がいながら
(たいてい地味だけど裕福な男で押しが弱いのが多い)
別の男に誘惑されます。
どう見ても婚約者のほうがいいと思われる、
チャラ男やホスト崩れが多いんですが、
主人公はその野生的魅力に惹かれます。

黒き瞳の誘惑11
黒き瞳の誘惑12
ほらもうヤッちゃってるし
(腰軽いな)

いろいろな経過をすっとばして、
ベッドシーンになだれこむのが、
レディコミです。
(つじつまがあわないとか言ってちゃいけません。
ドラマツルギー?何ソレ?)

黒き瞳の誘惑14

黒き瞳の誘惑23
なんだかわからないけど、

人間の体にこんなに水分あるのかっていうほどの、
「汁」!!
レディコミ作家によって、
セックスシーンの液体の描き方は変わるのですが、
概ね「かなり大量」「かなりねばっこい!」
というのが定石・・

唇から唇に垂らしたり、
大事なところを溢れんばかりにさせたり、
いかにエロに見せるか、
創意工夫がなされてますが、
これがなかなかフェティッシュです。
描き込まれた擬音も、
オノマトペと化して
ファッショナブルです。

エピソードはいくつかあれど、

最後は強引にチャラ男だかなんだかな男と、
くっついちゃいます。
理由はなんでもいい、
とってつけたように男が、
改心して君だけを愛するよと、
言わせてもいい。
(現実にはない話でも
レディコミにはあり。)

なんだかんだあって、
抱き合ってハッピーエンド。
あるいはベッドでハッピーエンド。

ごく普通の主人公が、
見た目(だけ)はかっこいいエッチの上手い男と、
棚ぼた式に出会って結ばれるのが、
レディコミです。

黒き瞳の誘惑35

黒き瞳の誘惑36
「トスカーナの風に吹かれにくるか?」
って!!
(自分で描いておきながら)
こんなのがまかり通ってしまう、
バブルの残り香よ・・当時は、
海外逃避行系の漫画やドラマも流行りましたね・・

細々、重箱の隅をつつくように、
レディコミを読むのも面白いものです。
いかがでしょうか。当時を振り返る、
あるいは知らなかった世界を知ってみるのは・・

ちょうど、90年代レディコミを読める雑誌が刊行されております。
紹介した「黒き瞳の誘惑」掲載
メディアソフト「愛体験DX」は5月25日に発売
「秘密の愛体験」6月25日発売

また、手前味噌ではありますが、
筆者の、漫画家生活30周年記念として、アリス文庫さんより、
「榎本由実作品集」が刊行中であります。

フェチなレディコミに関して、いかがだったでしょうか??
ぜひ新たな扉を開いてみてください!

ご紹介した先生方の他の書籍は下記から!(敬称略)
榎本由実
渡辺やよい
https://comic.k-manga.jp/title/93174/pv
森園みるく
伊万里すみ子
もろおか紀美子
竹崎真実

まんがグリム童話
ほんとうに怖い童話
愛体験DX

Return Top