Read Article

新作水中ニーソをいち早くゲットせよ!水中ニーソ3月号+即売会


各所で絶賛話題沸騰中の「水中ニーソ」。
昨年12月まで「月刊水中ニーソ」というトークショーが毎月行われており、
Feti.Tokyoではイベントレポートという形で皆さんに魅力をお伝えしてきました。

今年1月以降は紙媒体での展開となり、
イベントとしては残念ながら昨年で最終回を迎えた「月刊水中ニーソ」。
最新刊の発行、そして「水中ニーソニーソ」に関する新たな発表に伴い、3月にイベントが開催されます!
monthly03_H1

「月刊水中ニーソ3月号」は、ギャラクシー!

3月号は特集「〜水の中のコズミック〜水中ニーソギャラクシー」
映画「バーバレラ(1968)」のオープニングシークエンス・コンプレックスともいえる無重力状態の水中ニーソに宇宙をトッピングした新作57点。
REALISE・N-035(P-2)黒い長袖競泳水着に宇宙柄を重ねています。
巻末の記事ページでは新ブランド「POOLSIDER」からリリースされる
水中ニーソニーソの全11種のデザインも掲載のほか、
描き下ろしイラスト(3月号:のぶきちひろ)も展開。
monthly03_p22-23

【写真集「月刊水中ニーソ」3月号・概要】
誌名:月刊水中ニーソ3月号
撮影+編集:古賀学
価格:1,000円(イベント販売価格)
A5判/中綴じ/オールカラー・28P
発行:ペッパーショップ
2016年2月15日より、水中ニーソのネットショップで販売開始します。
ネットショップ:http://sprite.theshop.jp/

「水中ニーソニーソ」新作デザイン公開

新ブランド「POOLSIDER」からリリースされる
水中ニーソのニーハイソックス「水中ニーソニーソ」の新作デザインを公開します。
2015年に発表した「ライン」のバリエーション展開としての
「〜・グリーン」「〜・オレンジ」「〜・ピンク」、そして「ギャラクシー」
同じく2015年発表の「ソーダ/スノー」のバリエーション展開としての「ヘキサ」
そして水中はおろか、もはや地中をイメージしてしまう「ドリル」をラインナップ。

【ライン・グリーン】
UW07b

【ライン・オレンジ】
UW08b

【ライン・ピンク】
UW09a

【ギャラクシー】
UW11a

【ヘキサ】
UW10b

【ドリル】
UW06b

【ニーハイソックス「水中ニーソニーソ」概要】
価格:各2,800円+税
素材:ナイロン90% ポリウレタン10%
企画:日本
検品国:日本
生産国:中国
サイズ:フリー
発売時期:2016年2月下旬(予定)
デザイン:古賀学
制作:POOLSIDER

【ブランド・POOLSIDER】
ウェブサイト:http://poolsider.shop-pro.jp/
POOLSIDERツイッターアカウント:@poolside_r

「月刊水中ニーソ」「水中ニーソニーソ」展示即売会

古賀学が発行する「月刊水中ニーソ」3月号と
POOLSIDERが発売する「水中ニーソニーソ」全11種をネット販売に先駆けて、
2月11日(木・祝)に中野ブロードウェイZingaro Spaceで先行販売します。
古賀学のほか水中ニーソのモデル・真縞しまりすえみりんごも登場予定です。

【「水中ニーソ即売会」概要】
日時:2月11日(木・祝)15時〜20時(予定)
場所:中野ブロードウェイ2階 Zingaro Space
http://bar-zingaro.jp/
入場料:500円(1ドリンク)
https://www.facebook.com/events/202159810137285/

ゲスト:真縞しまりす(魔王)、えみりんご

真縞しまりすさん

真縞しまりすさん

協力:カイカイキキ、Hidari Zingaro、Bar Zingaro

【作家プロフィール】
古賀 学(こが・まなぶ)
ビジュアルアーティスト、デザイナー、映像クリエイター。1972年長崎県佐世保市生まれ。1993年フリーペーパー「PEPPER SHOP」刊行をきっかけにペッパーショップとして活動開始。水の中の女の子に恋するプロジェクトを展開中。DCPRG「ステインアライヴ」MV(2004)、映画「ヘルタースケルター」水中撮影(2012)、さよならポニーテール「ヘイ!!にゃん♡」MV(2013)、アーバンギャルド「ワンピース心中」MV(2014)、スパイク・チュンソフト「イグジストアーカイヴ」テレビCM(2015)、写真集「水中ニーソ」(2013)「水中ニーソプラス」(2014)「水中ニーソキューブ」(2015)を発表。2016年より写真集「月刊水中ニーソ」を定期刊行する。
公式サイト:ペッパーショップ
http://peppergear.com

The following two tabs change content below.
フェチ東京編集部

フェチ東京編集部

フェチへ一歩踏み出せるメディア

フェチな記事の寄稿をお待ちしています。
Return Top