Read Article

同じモデルと場所に作家の数だけ再発見がある!アビエタージュでサムロケ3レポート


『同じ被写体を同じ場所、同条件で複数の写真家が撮影し、どう表現をするのか?』

というコンセプトの元に開催されたSame location(サムロケ)を見に行って来ました。
3回目だそうで、次回予定も決まっています。
大変希少かつ斬新な展示にて必見でした。

今回のモデルはDJ裏口入学氏と
アリストジゼルさん。

作品を創った人々は以下の皆さん。

mammy (junk city)、
オチアイレイ(HEAVY POP)、
はっしん、
レイブマン(オーラルヴァンパイア)、
SLF!!(その名はスペィド)、
英恋、
アンソニー
タケ、
コジカ、
ひかり、
ハシダ、
しろ
内藤啓一、
タナカ、
鈴木真吾、
CoTa、
ヨウコ、
Nee
りょう(DAZODD) 、
紅真(DAZODD) 、
あもありれいな、
綾瀬ぎん、
Hidekazu Sano、
ウツミ(vimoque)
ヤシロケイ、
ギンヤ、
たたら、
Parfait Manege、
くろあめ、
hiroco

D(fake-fantasy.)/staff:壱(fake-fantasy.)

多種多彩な人々が撮影してらっしゃいます。
しかもプロカメラマンではない方が、
大部分ということ。

なのに思い思いの手法で
モデルというファクターを通し、
自己表現している自由奔放さ!
それに見惚れました。

構図や色合い、
切り取った表情が違い、
アビエタージュの壁面に、
沢山の世界がはめ込まれていました。
非常に現代的であり、
時代にマッチした企画と言えるでしょう。
というのも、
現代アートとしての写真はいまや、
大きな可能性、
素材としての多様性を持っています。
アーティストという料理人の腕で、
どう変化してゆくか、
細部まで味わうことが出来るでしょう。

作品紹介

mammy (junk city)
レトロでモノトーンぽい色調が美しい。
サイバーな感覚もあり物語性強い。
mammy(junkcity)さん
オチアイレイさん(HEAVY POP)
分身した2人のパラドックスな構図。
これはペア写真としても面白く、
想像力をかき立てられる作品。
オチアイレイさん

はっしんさん
同じ角度とポーズなのに、
不思議と相反するコントラストで
非常に魅力的になった作品。
漆黒がビロードのように絡む。
はっしんさん

レイブマンさん(オーラルヴァンパイア)
とてもゴシックテイストの強い作品。
有無を言わせない説得力があり、
確立した世界を感じる。
レイブマンさん

SLFさん(その名はスペィド)
面白いアングル!!
全てが見えないところに、
謎めきとニヒリズムが見え隠れ。
SLF!!その名はスペィド

英恋さん
手業を駆使したオブジェ的小品。
小箱に乗った2人の小悪魔。
英恋さん

アンソニー(臼井杏壮似)さん
アシンメトリーな構図が素敵な作品。
抽象絵画的な所も。
臼井アンソニーさん

タケさん
強い眼差しが印象的。
鋭い眼光を正面から捉え、」
別世界へ逃している。
タケさん

コジカさん
アリストジゼルさんを増殖させた、不思議な画。
裏口さんは後ろ姿でシンプルに。
何かを暗喩するような深みある作品。
コジカさん

ひかりさん
極彩色のパズル。
それでいて強力な登場人物がいる風景。
ひかりさん

ハシダさん
開放感ある構図。
小さなカットを入れるのも面白い試み。
ハシダさん

しろさん
トリックアート的で、
なおかつ2人の個性を捉えてる作品。
しろさん

内藤啓一さん
ある意味正統派でない撮り方が、
作者も被写体も魅力的に魅せている逸品。
内藤啓一さん

タナカさん
ポジティブな表情をしているようで、
どこかペシミスティックな笑いを含む毒々しさ。
お二人の明と暗を描き出したよう。
RyotaNishiさん

鈴木真吾さん
独特のコントラストと色。
現実的かつ良い意味で残酷な切り口。
鈴木信吾さん

CoTaさん
漆黒に浮かび上がる絵画的作品。
象徴派を思い起こさせる。
CoTaさん

ヨウコ(youko)さん
一瞬の表情を掴んだモノクロ作品。
目線が美しい。
youkoさん

Neeさん
唇がセクシーで表情がキュート。
お二人が非常に人間味あるキャラに。
Neeさん

りょう(DAZODD) さん
思い切った構図と角度。
非常にセンシュアルで、
美しい場面を形作っている。
了さん

紅真(DAZODD) さん
挑戦的で大胆な構図。
一味違うお2人の演出。
真紅さん

あもありれいなさん
少女マンガ的美麗な世界。
どちらも瞳がポイントできらめいている。
あもありれいなさん

綾瀬ぎんさん
静かな水面のようなしっとりした画面。
激しさを秘めた湖。
綾瀬ぎんさん

Hidekazu Sanoさん
2人のモデルで、コントラストをつけた技が光る。
黒の堕天使と白く滲む妖精。
Hidekazu Sanoさん

ウツミ(vimoque)さん
映画の1場面のような激しいショット。
その中に鮮やかな個性。
ウツミ(vimoque)さん

ヤシロケイさん
微笑みながらも何かを見つめる眼差し。
目線の先を見たくなる作品。
ヤシロケイさん

ギンヤ(ginya)さん
2人とも鳥を追うようなポーズで、
異世界の扉を開く。
ゴシック童話の始まりのよう。
ギンヤさん

たたらさん
わざと不安定な構図で目を引くが、
リラックスさせたポーズで、
一瞬の表情を掴む妙技を見せています。
たたらさん

Parfait Manegeさん
後ろにネガフィルムを、
アレンジしてるのがポイント。
美しきバストショット。
ParfaitManege

くろあめさん
効果的に光を入れた構図。
銀河のような効果が美しい。
素直にかっこよさを演出。
くろあめさん

hirocoさん
虚空を見つめるお二人。
まなざしの先にあるものが、
見えてくる深い世界。
hirokoさん

お茶会の様子

そして取材日は、モデルの裏口入学さん、
アリストジゼルさん、作者の方々が一同に介し、
美しき館、アビエタージュでお茶会の日。
アリスさん1
裏口さん1

お茶会1

お茶会2

あまりの豪華さに目も眩みそうでした。
「ここは本当に日本?新宿の一角?」
という印象でした。
モデルさん、カメラマンさん、お客さん、
皆個性豊かな方々ばかりのサロン。

今後の「サムロケ」の展開からは眼が離せないでしょう。

そしてサムロケ4決定!

Same location extra

過去に展示したSame location 1,2,3の
イメージをカラーを崩し、
選抜メンバーで感性の、
『攻め』にし3に続いての4、ではなく、
あえて、『extra』としての

Same locationを予定、とのこと!

モデルは
名無しの千夜子さん、
壱(fake-fantasy.)さん

展示予定は
8/16~31
3と同じく新宿アビエタージュです!

youtube で過去のサムロケ撮影動画も見ることが出来ます。

開催概要

サムロケ公式ページ
http://samelocation.web.fc2.com/sl3.html

展示場所
新宿 abilletage(アビエタージュ)
http://www.abilletage.com/
Twitter:@Same_location

展示期間(※終了しています):11/16(月)~11/30(月)

東京都渋谷区千駄ヶ谷5-32-6大西ビル303
最寄り駅:JR新宿駅南口、JR代々木駅

営業時間
(月〜土)13:30〜23:30
(日曜日のみ)13:30〜21:00  水曜定休

Return Top