Read Article

水中ニーソと現代美術とは?! 月刊水中ニーソ11月号 ゲストMr.さん


P1050766(レタッチ済)
水中ニーソでおなじみの古賀学さんと様々な豪華ゲストがアートやファッション、フェチなどについて対談するトークイベント「月刊水中ニーソ」。
菊池成孔さんをゲストに迎えた9月以来、2か月ぶりの開催となった今回。ゲストは現代アート作家のMr.さん。現代アートを代表する作家、村上隆さんとともに活動し、日本だけでなく海外でも大きな評価を受けています。昨年は世界的アーティスト、ファレル・ウィリアムスのMV製作を手がけました。
今回は同世代のクリエイター同士である古賀さんとMr.さんの出会いから現在まで、年表で振り返りながらのトークセッションが中心となりました。水中ニーソの話からアート、互いのフェチ観、生い立ちなど幅広い話題で盛り上がりを見せたトーク。ごく一部ですが、ご紹介いたします。


2014年製作 ファレル・ウィリアムス 「It Girl」

Mr.が「水中ニーソ」を撮ってみた?

序盤はMr.さん、古賀さんや水中ニーソのモデル達の近況が写真で紹介されました。9月にはadidasとファレル・ウィリアムスのコラボイベントにMr.さんがライブペインティングアーティスト、猫守ざーにゃさん(現・星守紗凪さん)がモデルとして参加。かねてからの関係の深さが伺えます。

8月、Mr.さんのTwitterで公開され、大きな話題を集めたこちらの写真。会場でもこの日一番の歓声が上がりました。
P1050751(レタッチ済)

M 古賀さんとこれやる前に話してて。なんか絡めたらなと。
古 なぜか謎の猫ポーズ。Mr.、これ自撮り?
M これ自撮りです。「水中ニーソ」ってこうですよね、っていう。ちょっと違いました?僕なりの答えです。
司会 ニーソ履いているのをちゃんと見せて…
M そうですね。水中で目開けて、足出して、カメラ目線で。絶対死んでる感じは出さないように気をつけました。水死体みたいに見えてしまうから(笑)。韓国で韓国人がこういうことをやってネットですごく叩かれてて、僕は生きてることがはっきりと表現されていないと水中ニーソじゃないって思って。何枚も何枚も撮って死んでる感を絶対出さないようにしました。
あと肺に空気が入ると浮いてきちゃって。浸かるのが大変!とか、いろいろ経験しました。
古 水中でニーソを履いてみた!っていうのがあんまいないですからね。男は特に。
M 水中ニーソってことは、別に女子に限らないはずだ!って思ったんです。僕もしていいのではって。

2人のこれまでと現在

話題は二人の生い立ちから現在を俯瞰する年表比較へ。左がMr.さん、右が古賀さん。
P1050755(レタッチ済)

Mr.さんの生まれはキューパ(キューバにあらず。ところでキューパって、どこ?)。
お二人、実は同じ学校に在籍していた期間があるんですね。古賀さんは1993年にフリーペーパー「PEPPER SHOP」を創刊。村上隆さんを取り上げ、その後も交流が続きます。一方のMr.さんは学校卒業後、「カイカイキキ」の前身グループの展示「HIROPON SHOW」に参加。2000年にはグループ展「スーパーフラット」でグループは世界的な評価を獲得しました。2008年にはカイカイキキ第1回プロデュース映画作品『誰も死なない』を初監督。その後も、世界各地で個展やグループ展に参加しています。

古賀さんもロボットアニメやゲーム作品のデザイナーとして活躍する一方、ショートムービーや水中イメージDVD作品の製作など多彩に活躍。2008年には村上隆さん主催のアートイベント「GEISAI #11」のイベント内イベント「学園祭実行委員会」のデザインを担当、そこで発表されたMr.さん監督の『誰も死なない』にロゴデザインで参加。さらには。2013年以降は水中ニーソの発表と、ジャンルを問わない活動を続けています。

ARTの世界で生きること

アニメ絵、いわゆる「萌え」を具現化した美少女と言葉、時事的要素を分割・結合し、現代社会を批評的に表現した作品を多く発表しているMr.さん。アニメを素材としたイラスト作品を誰もが容易に発信できる現在、作品に込める思い。
P1050735(レタッチ済)

(カイカイキキ独立後、2010年に開催されたグループ展「Mr.のchildren」展の話題に)
古 この時代になると、Mr.になりたい人が出てきている。
M えー、まあ…20年前から、どっちかと言いいますと「アニメ絵」を扱って、それを主流にやってきているじゃないですか。で、例えば会田(誠)さん、いらっしゃいますが、完全にアニメ絵でもないじゃないですか。オタク的な。そういう意味だと、僕らの時代ではそのアニメ絵、オタク絵に特化したアーティストは少なかったですね。村上さんとか僕とか、数人くらいしかいなかった。
古 今ではかなりいますよね。
M 日本ではあまり展示をやってこなかったから、久々に日本でやったら結構若い人たちも来てくれて。そういう意味ではつながっているのかな、と実感しました。
(中略)
古 そして2012年が「悪夢のどりかむ」展。キュレーター自体は村上さんですよね。
M そうですね。
司会 この頃からアニメーションとアートの融合という手法を取る次の世代が出てきた。
古 初めに出てきたadidasのコラボレーションも、日本のユニークなポエトリーの表現を「萌え」という手法でやっている代表的なアーティストがMr.だということだと思うんです。そして「萌え」で表現するアーティストがとても増えてきた。「悪夢のどりかむ」展は村上さんのキュレーションに引っかかった作家だけだけど、それ以外にもたくさんのアーティストがいる。
M ちょっと違うかな、と思うのは、「萌え」の表現を始めた若いアーティストが「その世界」に頭を完全に突っ込んでるかどうかでしょうか。イラスト業界との狭間の人もいるし、完全に…その辺違いますよね?突っ込まない限り、「その世界」ではやって行くのは難しいと思います。
古 「その世界」というのは、アート?
M そうですね。アート…アルファベットの「ART」。
古 「GEISAI」で見てみても、「〇〇風のイラストレーション」でしかない作品も多い。その人の人生がフィードバックされた作品でないと…
M イラスト業界ではすごく有名な人だったりもするんですけどね。ART業界はキャリアとかもすごく関係あると思うんですよ。
古 単純に言うと、絵を描いて、作品そのものの売買だけで食べていくっていうことですよね。イラストって、印刷や複製されたりっていうのが前提。そこが全然違う。
M イラストと言っても、金銭関係なく、ネット上だけで活動する人もいますよね。
司会 このあと、Pixivなんかが出てきますね。

フェチという単語はあんま使わなくなった。

見出しのような衝撃的な言葉も飛び出してしまった(?)トーク。それは単なる興味の薄れではありません。果たして「フェチ」は消費されてしまったのでしょうか。
古 Mr.のメモには「ふぇち」ってひらがなで書いてあるんですが(笑)。
M 特に深い意味はないんですけど。
古 まあフェチも広い意味で「こじらせ」じゃないですか。そもそも、自然の風景などを良いものと感じるのが健全なのに、Mr.の絵画や水中ニーソのような人工的な世界観を愛でるのが、本来的には少しおかしいんですよね。
M ただ、最近あんま使わないかも。すごい意味ある言葉だと思うんですけど。
古 消費されてきてしまった言葉なんですかね。水中ニーソもどんどんフェチからズレてきてる。別にフェチってだけじゃない。
M 最初、菊池(成孔)さんと絡みのあった90年代後半~10年くらい前までは意味ある言葉だったかもしれない。
古 いや、ただ水中を泳いだり潜ったりしている女の子が好きという人は現在でも一定数いるんですけど、彼らにとって僕が水中でニーソ写真を撮ったりしていることは全く関係のない話で。前にMr.と雑談してた「違う宇宙の話」じゃないですか。土俵が違うんじゃなく、宇宙が違うから、どこまで行っても関係のない世界なんですよね。僕とMr.は、土俵は違うけど宇宙は同じ。
「フェティシズム」と「フェチ」、「ふぇち」と…あと「フェチズム」という謎の言葉。僕「フェチズム」はあんま好きじゃないんですけど。これらって全部違う宇宙にあるもので、土俵は同じだけど決して混ざらないんじゃないかと思います。

トークショーの最後に、Mr.さんのフェチを感じる写真が駆け足で紹介されていきました。
ロシア人美少女のinstagramや能年玲奈さん、広瀬すずさんなど…魅かれるのは「目」と「病弱そうな外見」だそう。特に目はアニメ絵という素材にも通ずる部分がありますね。

次回12月9日、重大発表が!

なんと次回の「月刊水中ニーソ12月号」でトークイベントとしては最終回!!!
そして、紙の「月刊水中ニーソ」が始動します。

【月刊水中ニーソ12月号概要】
日時:12月9日(水)会場18時/開始19時
場所:中野ブロードウェイ2階 Bar Zingaro
http://bar-zingaro.jp/
料金:2,000円(1ドリンク)

トークゲストはまさじ(コスプレイヤー)さん
https://youtu.be/pUB0jHTDEbk
masazi01来年以降もお見逃しなく!
【写真集「月刊水中ニーソ」1月号概要】
誌名:月刊水中ニーソ1月号
撮影+編集:古賀学
価格:1,000円(イベント販売価格)
A5判/中綴じ/オールカラー・28P
2015年12月9日(水)トークイベントで先行販売。
2015年12月2日より、水中ニーソのネットショップでの予約も開始します。12月下旬発送になります。
ネットショップ:http://sprite.theshop.jp/
monthly01_H1

【月刊水中ニーソ11月号イベント概要(終了)】
場所:中野ブロードウェイ Bar Zingaro/Zingaro Space
〒164-0001 東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ2F
http://bar-zingaro.jp/
日時:毎月第二水曜日(ニーソの第二+水中の水曜日)19時〜21時
料金:2,000円(1ドリンク)

The following two tabs change content below.
フェチ東京編集部

フェチ東京編集部

フェチへ一歩踏み出せるメディア

フェチな記事の寄稿をお待ちしています。
Return Top