Read Article

フェチってなに?北見えりの何でもフェチコラムVol.10


歯医者さんで働いちゃうくらい、口の中が好きな北見です♡
今回は口腔フェチについて!写真1

【その1】口腔内色々
口腔内といってもいろんな部位があります、歯、舌、喉の奥、涎…色々でしょう?
これをどう楽しむかはそれぞれですが、北見の楽しみ方を今回は紹介していきます。

1. 観察
よく見る、ひたすら見る。
口腔内はあまり見せることのないところ。
見せる側からは恥ずかしいから嫌っ!なんて言われちゃいますが、
そこは開口器を使って開けっ放しにさせちゃいます。

涎を滴らせながら磨き残しをチェックする、楽しい羞恥プレイです。
歯並びやどこに着色があるか、乳歯のままだったり虫歯だったり。
人それぞれ違うので、飽きません。

2. 開口器をつけて放置
開口器をつけたままにすると涎を飲み込めないので垂れ流しになります。
なすすべもなく垂れ流される涎、フェティッシュです。写真2

3. 口の中を触る
口の中は粘膜なので暖かく、ヌルッとしています。
性感帯もところどころあるので、探りながら触ってあげるのも良いでしょう。
だんだんトロン、とした目になってきたら成功です。写真3
歯茎を引き締めるクリームが薬局で売っているので、
それを塗ってあげると、お口の中も健康になって一石二鳥!

4. 歯を磨いてあげる
アニメ「〈物語〉シリーズ」のシーンにもありますが、
歯を磨いてあげるのはかなりエッチな絵になります。
ちょっとえずいたりするのも、またかわいいです。写真4

【その2】番外編
噛む、と言うのもフェティッシュな行為の一種としてあります。
歯型を残すのも時には良いかも知れません。
ピリッとした痛みとともに残る跡。
もちろん見えないようなところにするのをお勧めします。

以上、約9個の『フェチ』について説明させていただきました。
かなり自分のフェチ寄りになりましたが、いかがでしたか?

まだまだお尻フェチや、ストッキングフェチ風船フェチ咀嚼フェチ
ケモナーマスクゼンタイ…世の中にはフェチが沢山あります。
また書くことがあればそこも触れていきたいですね!

あなたの”フェチライフ”が豊かなものになるよう祈ってます!写真5

The following two tabs change content below.
Return Top