Read Article

清く正しくいやらしく、HENTAIポップな恥の日に――『東京棲んでるガールズ HENTAIポップコレクション』(後編)


コンテンツ盛りだくさんの『東京棲んでるガールズ HENTAIポップコレクション』はまだまだ続きます。
 「清く正しくいやらしく、HENTAIポップな恥の日に――『東京棲んでるガールズ HENTAIポップコレクション』(前編)」はこちら

今回のイベントでは、阿佐ヶ谷Loft Aさんで急遽決定した、次回イベントの告知もありました。9月生まれのハビコさんと10月生まれのしんろくさんのお誕生日に合わせて、ハロウィンの10月31日(土)に、『東京棲んでるガールズ生誕祭 サタデーモーニングフィーバー!!』が開催決定! そしてそこで、アシスタントのともるさんのお誕生日が7月だったことが発覚します。ハビコさんしんろくさんに会場のお客さんからもお祝いされ、イベント中は終始マイペースだったともるさんも、このときばかりは涙ぐみます。

ともるさん誕生日

突然誕生日を祝われ動揺するともるさん

ハビコさんの歌謡ショーに続いて、お客さんの中から選ばれた男性がステージに上がり、その日二度目の緊縛ショーが始まりました。今度はしんろくさんの歌を聴きながら緊縛が楽しめます。束縛からの解放を、自由を求め熱唱するしんろくさんの横で、成人男性がハビコ様の手によってテキパキと縛られていきます。

うきふね

15の夜181-2お客さんが緊縛された姿に、しんろくさんが追加でもう一曲。しんろくさんの熱いシャウトに合わせて、ハビコ様が緊縛された男性の股間に電気あんまをかけます!

110

電気あんま

緊縛と歌謡ショーの見事なコラボレーションでした。

そして最後はハビコさんからの歌のプレゼントで、3時間に及ぶイベントが締めくくられます。しんろくさんいわく、「緊縛を受けているドMの心情を謳った曲だと考えると、非常に完成されている」某有名アニメソングを、ロマンティックに歌い上げるハビコさん。甘く慈愛に満ちた歌声が、会場に集まったドMたちの心を優しく包み込みます。

客席の後方では、お客さんが用意した白いサイリウムが振られていました。サイリウムを持っていなかったお客さんたちも、スマートフォンのライトを照らして加わります。これにはハビコ様も感激のご様子。緊縛された男性も、自由が利かないながらも曲の間中、サイリウムのように身体を揺らしていました。

ロマンチック

緊縛を受けたお客さんは、もちろん歌うハビコ様の隣の特等席に。

最後は「日本!すっぽんぽん!」の一本締め。ハビコさん、しんろくさんがお客さん一人一人を、温かいハグと共にお見送りしてくれます。イベント中会場を回って何度も「楽しめてますか?」とたずねてくれたしんろくさんに、美しくも時折見せるふわっとした表情が愛らしく、会場をなごませてくれたともるさん、そして、とびきりの笑顔とお仕置きでおもてなししてくれたハビコさん。素敵な時間をありがとうございました。

7-2

『HENTAIポップコレクション』、これにて閉幕です。

東京棲んでるガールズさんのイベントの空気は、メンバーのみなさんもお客さんのみなさんも、一人一人が他人に、そして自分自身に真摯に向き合うことでつくられたものであったように感じます。しんろくさんはイベントの最後に「自分の恥を曝すこと、そして他人のまちがいを赦すこと」の二つを、活動する中での目標として語っていらっしゃいました。この二つは単純でありながらも、実はとても難しいことです。それができる人、しようとすることができる人というのは、このうえなく貴重な存在なのではないでしょうか。

自分のどこか周りとは違っているところや、人に言えない性癖、それらをつかの間解放する時間。きっと東京棲んでるガールズのみなさんがくれるのは、そういうものだけではありません。自分を、他人を、「これでいいんだ」と肯定する気持ち。それはこの会場を出て行った先でも、いつでも、誰にでも、祝福のように降りそそぐものなのです。

次回は10/31(土)『東京棲んでるガールズ生誕祭 サタデーモーニングフィーバー!!』

『東京棲んでるガールズ生誕祭 サタデーモーニングフィーバー!!』
OPEN 12:00/START 13:00
会場:阿佐ヶ谷Loft-A
166-0004 杉並区阿佐谷南1-36-16-B1
03-5929-3445

東京棲んでるガールズ http://tokyosunderugirls.com/
しんろく さん(@scene6
ハララビハビコ さん(@h_habikomochi
灯ともる さん(@akari_tomoru9

写真提供:みみずく さん(@mimizuku_tutor

The following two tabs change content below.
尊厳

尊厳

フードプレイが趣味の文学部生です。谷崎潤一郎と、食事の仕方がきれいな人、きれいなお菓子をぐちゃぐちゃにするのが好きです。
遊んだ食べ物は残さず食べるのを信条にしています。
twitter:@songen_sugoi
Return Top