Read Article

【BL緊縛!?】大人の社交場『エロチカジャポネスクvol.12』潜入レポ


4月22日。東京、青山。 この日大人のフィティッシュな社交場、エロチカジャポネスクが開催されると聞きつけ、調査員さえきが行って参りました。 エロチカジャポネスクとは本業主婦のオーガナイザー、なおさん(@NaoNagasawa46 )が主催するイベントで、混雑必至の大人気フェティッシュイベント。 去年の6月に開かれたエロチカジャポネスクでは体験緊縛で一般人のサラリーマンが緊縛され、ツイッターでも話題を呼びました。 さて、今年はどうでしょうか。内容盛りだくさんの現場レポートをお送りします!

大人の社交場はこんな雰囲気!

19時に開場後、会場はぞろぞろと観客の方々で埋まっていきました。 そして、まず始まったのは、『体験バキューム』

e-1

バキュームの名の通り吸われます!

バキューム機は薄いゴム素材で、体験者の方の体のラインまではっきり見えてしまっています! 会場から募った体験希望者は10人越え!しかも全身タイツっ子に全身をスリスリされるオプション付き♡

お次ぎは『ライブペイントと三味線』!

演じるのは倉持伊吹さんと五錦雄互さん。

e-3

だいたんに筆を走らせる

ご自身の黒い着物に墨汁が飛ぶのも厭わず 激しく筆を走らせる伊吹さん・・・! 激しい三味線と墨で描かれる絵には勢いがありました。 ちなみに写真にも映っている帯は、伊吹さんがご自身で手書きして作ったとのこと! そして、こんな催しも。

 『緊縛芝居「どうぞ、ご自由にお使いください」』by  縛り手 JOYさん&麻紀さん

e-4 e-5 縛り手JOYさんは色々な役を演じ分け、縄だけでなく手や足や声を使って麻紀さんを責めます・・・ JOYさんが麻紀さんを平手打ちするシーンでは観客一同、騒然。 女性二人が織りなす空気感は緩急つけられ、飽きさせる間がありませんでした。

そして、『ポールダンス』
e-6

REIKOさん&mayumiさん

e-7 1本のポールに二人の女性が織りなすダンスは官能的! 鍛えられた美しい体に綺麗な衣装が華々しく、女性らしさを存分に堪能できるショーでした。

 『体験緊縛』も!

「有末剛に縛られたい人~~~!?」 という掛け声に手を挙げ、選ばれたのはスーツの中年男性!? 縛られながらなおさんと会話する和気藹々と、時には笑いも起きる体験緊縛!和やかな雰囲気の中、いろいろなパターンを有末先生は見せてくれました。

e-9

吊られる男性に会場は盛り上がりをみせる

 

フラフープ』から・・・
e-11

AYUMIさん

  フラフープをくるくると回しながら着物を脱ぎ落とし、真っ赤なドレスに変身・・・!

これが『BL緊縛』だ!!!
e-13

縛り手は海月くらげさん

e-14 スーツ・眼鏡・革靴というだけでもフェチなのに+緊縛です・・・フェチのキャリーオーバーが起きています・・・。見つめ合ったり抱きしめたりキスしたり・・・(!) 女子がときめくポイントが随所に散りばめられていました! 男性が緊縛される良さは「抵抗できるのにしない」ところなのかも。男性が女性を緊縛する時は「嫌なのに無理やり」っぽさがイイ!ってことがよくあると思うのですが、相手が自分と同じ男性なのに抵抗しないんだ?縛られることを受け入れてるんだ?精神的に相手を認めてるんだ???ほう・・・(めちゃくちゃ萌える)と思うんですがいかがでしょうか・・・。 TwitterでもバズったBL緊縛。今後も要チェックです!!

『ゼンタイダンス』
e-15

ゼンタイS・K・Y

3人のパフォーマーがしなやかなダンスを披露。二人はヒョウ柄、一人は黒っぽいゼンタイに身を包み、はっきりとわかるボディラインから体の柔軟性を見て「プロだ!」と感じました。

『鞭パフォーマンス』
e-16

Naomiさん

競技としても人気が上がってきているウィップクラッキング。 Naomiさんの背中の刺青、コルセット、そして鞭の組み合わせがすごくすごく美しかったです。 鞭の弾けるような音は恐怖感と心地よさがあります・・・!

『緊縛ショー』

モデル静香さんは遊女のように余裕のある艶やかな微笑みを踊りで観客を惹きつけます。 しかし縄がかかるにつれて、段々とその余裕が崩されていきます・・・

e-17

有末剛さんとモデルの静香さん

吊るされ、髪が垂らされる姿がとてもグッときます! e-18

エロチカジャポネスク、次回開催は8月26日!

今年の夏はおしゃれな空間でフィティッシュなショーを鑑賞してみてはいかがでしょうか? 公式HP: http://eroticajaponesque.blog.fc2.com/ twitter:@eroticajapone 文・写真:調査員さえき

The following two tabs change content below.
FetiTokyo編集部

FetiTokyo編集部

フェチへ一歩踏み出せるメディア
Return Top