Read Article

足の匂いは個性—足の匂いフェチへの手引き


足で気になることといえば足フェチの方に限らず、「匂い」ではないでしょうか?
女性の方と足の匂いの話をすると、ほとんどの方が自分の足はクサイとおっしゃいます。
私の経験では、女性の方が言う「クサイ」は、無臭ではない、という意味合いが多いようです。
では実際の匂いはどうなのでしょう。
数は少ないのですが、かなり強い匂いを放つ方もいらっしゃいました。この強い匂いにも2種類ありまして、不潔だなと感じさせる匂いと、これはもう体質だよね、という匂いの2種類です。
前者のパターンは、実際に匂いを嗅いでみなくても、あぁこれはクサイだろうね、と見ただけでわかります。ですけど、足を洗えば匂いも消える可能性があるので、気になるなら洗ってください、としかアドバイスできないわけですが、大概、ご本人が気にしていないのでそのまま放置、となります。撮影ではその足を舐めることもありますが、予想通り強烈にしょっぱい味でした。体に悪そうだなぁと考えてしまいます。
後者の匂いの場合は体質の問題のようなので、本人が気にしているなら気の毒です。見た目からはわからないので、そんなに匂いは無いのではないかと近寄って、「うっ」と不意討ちをくらいます。皮膚科の専門家ではないので想像なのですが、匂いのもととなる細菌が好むような分泌物が多いのでしょうね。洗っても、靴を履くとすぐ匂いが出るので、大変なようです。汗の粘度もちょっと高いのも特徴的で、平らな面に足裏を押し付けると若干くっつきました。
彼女の場合は足を洗ってから舐めたわけですが、足の裏は無味でしたが、汗がたまる指のまたは多少のしょっぱさに加え複雑な味がして、むしろ美味しいと感じました。アミノ酸でも分泌されているのでしょうか。
 ですがこういう方はごく一部です。
ほとんどの方は、確かに匂いはありましたが、驚く程の匂いではありませんでした。
その匂いの種類もいろいろですので紹介します。
一番多いのはつーんとくる酢酸系の匂いです。とはいえ強い匂いの人は少ないので実際につーんとくることはなく、そういう系の匂いという意味です。おそらく汗が主体の匂いではないかと考えています。
次にあるのが、香ばしい系の匂いです。私としてはこれはクサイという印象はなく、その女性の個性だと感じています。足を洗った後や、汗をかいていないさらさらな状態でも匂いがあるので、どこから匂いが発生しているのか不思議です。
もう一つは爪垢の匂いです。これは匂いの場所が特定できますし、そこにかなり近寄らない限り匂いませんので、気になるほど感じたことはありません。私としては、足の匂いは嫌いではないのですが、靴の匂いも混ざってしまっているところが悲しいところです。むしろ室内で普段履きしている、布製スリッパを履いている足の方が匂いとしては興味があります。
Return Top