Read Article

バーレスク&ピンナップガール専門誌「BAPS zine」発売記念イベントに行ってきた


今回は、10/5銀幕ロックさんで行われた、バーレスクとピンナップガールの専門誌BAPS zineの発売記念イベントへ行ってきました!

司会はBAPS zine編集長Toyさん、出演はニキータ・ビッチ・プロジェクトのニキータさんとチェリータイフーンさん。(ちなみにみんな日本人!)

ところでみなさん“バーレスク”はご存知ですか?

バーレスクとは一般的に、性的な笑い(艶笑、軽い下ネタの類い)のコントや、完全なヌードに至らない女性のお色気を強調した踊りを含めたショーのことです。私が知ったきっかけは、チェリータイフーンさんが鳥居みゆきさん主演の「臨死!!江古田ちゃん」と言うドラマにご出演なさっていたことでした。

とても印象深いこの人は何をしている人なのだ?とググってみたところ、バーレスクダンサーと書いてある!→バーレスクって何?→youtubeチェック!→実際に見に行く!

するとバーレスクの迫力と面白さにすっかり虜。 

バーレスクのルールとしては乳首と性器は出しません。また乳首にはペイスティを着けてバストトップを隠します。ペイスティはタッセルが付いていて、房を回すパフォーマンスに使われます。

現在は風刺よりも生活やカルチャー(人物、ゲームなど)のあるあるネタで笑えるショーもあるんだとか。

イベントではまずはニキータさんの自己紹介となぜバーレスクダンサーになったのかというお話しから始まりました。

ニキータさんは昔ある方の影響で「脱ぐのは芸がない」と思っていました。しかしあるときバーレスクを見たら、脱いでいるのに「芸」にあふれていてとても感動したそうです。

バーレスクをはじめた当時3.11の閉塞感があったものの、自分の面白いと思っていることをやり抜こうと決心し、現在に至るそうです。

そして次にチェリータイフーンさん

10417691_826807464038393_8856556636141490182_n

※左:チェリータイフーンさん 右:ニキータさん

彼女はカナダモントリオール代表インターナショナルアイコンとしてご活躍中です。

バーレスクダンサーとしての転機は、ミス・エロチカ・バンブー(バーレスクの殿堂Miss Exotic World 2003女王)との出会いにあるそうです。

元々は演劇の裏方に携わっていたチェリータイフーンさん。当時女優は若ければいい、23歳頃が賞味期限だ、と言う暗黙のルールがありましたが、年を重ねてこそできる楽しい事があるのではないかと思い、紫ベビードールと言う23歳以上の女性パフォーマンスグループを作ったのが始まりだそう。

彼女は2005年にサンフランシスコのダンス学校ミス・インディゴ・ブルーで薦められTease-O-Ramaという大きな大会へ出場します。そして、みごと賞(アワード)を獲得。しかし、「アワードのために努力をするのがあまり得意じゃない」と感じ、2010年から旅芸人として日本にとどまらず海外でも積極的にパフォーマンスされています。

チェリータイフーンさんは「バーレスクの世界はとても暖かいコミュニティ。なのでお世話になった人のために次の人に返すのがバーレスクの文化」とおっしゃっていました。

 

ちなみにイベントではバーレスクの国際的な事情も伺ってきました。海外と日本では違いもあり、1曲の長さが違うそう。

アメリカは基本4分、日本はプロなら基本30分。そんな長くアメリカでやってたら「Take it off!!(はやく脱げ!)」と言われてしまうんだとか。

そして一番衝撃だったのは、戦後、世界中で一番バーレスク人口が多く充実していたのは日本だった!ということ!

ですから、もっと色々な方に見ていただきたいですね!

その入門としてBAPS zineをお読みいただき、いろいろなバーレスクダンサーにふれて見ていただきたい、そう思えるトークイベントでした。

 

◼︎BAPS JAPON

http://www.bapsjapon.com/

◼︎LAB BURLESQUE!

座学で歴史も学べます!

http://www.labburlesque.com/

◼︎10/16「SUPER BURLESQUE!!

http://www.organ-za.com/

The following two tabs change content below.
FetiTokyo編集部

FetiTokyo編集部

フェチへ一歩踏み出せるメディア
Return Top