Read Article

縄部TOKYOー第2回:忘れたころにやってくる


縄部TOKYO第2回、今回はモデルとカメラマンも連れてレッツ緊縛

緊縛に興味のありそうな女の子が全然捕まらず
土壇場で映画友達のマツダ君にモデルをお願いして来てもらいました。

「お願いがあるんだけど・・・、緊縛させてくれない!?」

と、電話をかけると、「いいよー」との返事。
フランクすぎるぞマツダ君!

画像1

いざ2回目!

さて、前回の縄教室からは2週間が経過しています。
その間、縄のことをまるっと忘れて暮らしていたわけですが
習ったことをちゃんと思い出すことができるのでしょうか。

隣では、レッスン開始前から縄をさばき始めた素敵カップル。
私と同じく、前回が初めての緊縛だったはずが
なにやら複雑な縛りに挑戦しています。

そして私は縛りを8割方、すっぽりと忘れていました!

前回習った1本目の縛りからして全然できないことを確認してから
もう一度素敵カップルを見る筆者。

彼氏は4本目の縄をさばいているところです。

私が縄のことを忘れている間、彼らは自主的に技を磨いていたんだろうなあ。なぁ。なぁ・・・・。

画像2

前回から「愛」と言う言葉を軽々しく口にしすぎかもしれませんが、
またしても愛の前になすすべもなく完敗です。

とりあえず先生を呼び、習ったことを再び思い出す作業。

そして、頑張る事3時間、私はようやく縄3本目まで使えるようになりました!

画像3

今日はここまで!

今回はこの記事用にナナミちゃんが写真をたくさん撮ってくれたのですが
この1枚以外にも数十枚の写真が手元にあるので
これを見てこんどは忘れないようにしようと強く思いました。

しかも縛っている最中の写真というのはフェチ度高くて
Feti.Tokyo的にもとってもナイス!

一石二鳥・・・いや三鳥かも!ナナミちゃん
そして足が痺れても耐えていたマツダ君本当にありがとう!

最後に松田君にインタビュー

最後に、今回緊縛モデルをしてくれたマツダ君にインタビュー。

―縛られてどうだった?

マツダ君「本当に身動きが取れないんだ!って思った。」

「あと、先生に縛られると全然違う。
引っ張られたりする感覚が無いし、抱きしめられてるみたいだった。」

―なるほど。確かに私、やってる時“毛づくろいみたいだな“ って思ってたもんな・・・。

じゃあ、今度機会があったら縛る側と縛られる側どっちがやってみたい?

マツダ君「どっちも興味はないかな・・・。」

―そっか・・・。マツダ君今日はありがとう。じゃあ、最後に感想を!

マツダ君「教室が和気あいあいとした雰囲気で驚いた。
やっぱり緊縛は性とは切り離せないものだと思うから
ここは多分、和やかで性的な・・・オープンスケベな空間なんだと思う。」

時丸縄教室

開催日時 毎月第2・第4火曜日(19:30~22:00)
初級受講料 3000円

時丸縄教室公式twitter:@tokimaru_nawa
講師・一鬼のこ公式HP内:「時丸縄教室」

画像5

The following two tabs change content below.
藤井夏子

藤井夏子

1992年生まれ。
漫画・文章・写真など、いろんな手段で「さよなら」と言います。フリーター。
サブカル・芸術・エロ分野の文章をモテない女の視点で書くのが得意です。
連絡先は natsukofujii@feti.tokyo まで。
Twitter @perorinkyu
Blog http://suteki3size.blog54.fc2.com/
Return Top