Read Article

ネクタイと縄と ビジネスマン向け緊縛体験ワークショップに参加しませんか?


日々と停滞と

出勤した途端に刺さりまくる細かな至急案件。
移動開始時間なのに鳴る内線、届くメール。
午前中は重要クライアントとの打ち合わせ。
午後はその結果を以て上司との意識合わせ。

実際のトコロ、やりたいからじゃない
知っているから続けているだけの毎日。

うまいこと連携を取って後輩や同僚にも協力してもらいたいが
お互いに忙しくてコミュニケーションも希薄になりがち…。

こんな中で誰かをアサインしたって
かえって余計な時間を食うばかり。
仕方ない、残って自分でやるか。

どーでもいーよーな夜食を買い込んで
1人残業、明日のプレゼン資料作成。

逃避と活路と

ー 縛られ美人女将の小料理屋 志のぶ ー

和装に食い込む荒縄、震えるうなじ
もだえる姿態、漏れる吐息をツマミに
静かに呑める隠れ家的名店…。

ハァ、そんな俺の趣味と実益を兼ねた店でも
湯島辺りでひっそりやってけないもんかなぁ。

…そんなことで暮らす人生はどうだろう?
…こんなこと考えてる自分はどうなんだ?

「あーあ、自分と他人との壁を壊して再構築できるような
芸術的で意外で、そして生きてることも実感できるような
コミュニケーション方法とか学べるビジネスマン向けの
ワークショップでも開かれないもんかなぁ〜!」

なんて、ドンズバな事を考えている人が
いるかどうかは一切わかりませんが

「ビジネスマン向け 緊縛ワークショップ」が開催されますヨ!
【公式:大川原脩平Webサイト】

それって、全体なに!?

ネクタイと縄と

【ビジネスマン向け緊縛体験ワークショップ
~芸術としての緊縛から学ぶ気遣いの心~】
─セクシャルで過激なイメージが強い「緊縛」。
この過激な体験こそが、イノベーションを引き起こす!?

rope_workshop_01

ビジネス研修の一環として緊縛師の有末剛氏を
お招きし、緊縛ワークショップを開催します。

参加者同士、着衣の上から実際に
麻縄で縛り、縛られるという体験をします。
双方向での身体コミュニケーションを通じて、
対人スキルの向上や新たな価値観の獲得を目指します。

セクシャルなイメージの強い「緊縛」ですが、
実際には繊細な技術が必要な職人の技。
多面的な技術と、徹底的な「気遣い」の心から生まれる
芸術としての緊縛を学びます。

ビジネスマンにとってはまったく未知の技術を学ぶことで、
既存の価値観を揺さぶり、ビジネスにおけるイノベーションを志向します。

【イベント情報】

(日 時)
平成27年3月15日(日) 18時15分〜21時00分

(参加費)
5000円

(場 所)
銀座the SNACK
東京都中央区銀座7-5-4毛利ビル2F

(進行役)
大川原脩平 【twitter:@shuhei_ookawara】

rope_workshop_00

(参加条件)
下記の諸条件をよくお読みの上、参加申し込みください。
申し込みと同時に、諸条件についてはご承諾いただいているとみなします。

1.本ワークショップの様子は、予告・許諾なく、写真・ビデオ撮影・
ストリーミング配信する可能性があります。
写真・動画は、仮面屋おもての企画担当が関与するWebサイト等の広報手段、
講演資料、書籍等に許諾なく用いられる場合があります。
マスメディアによる取材に対しても、許諾なく提供することがあります。
参加に際しては、上記をご了承いただける方に限ります。
※とはいえプライバシー保護の仮面貸し出しもありますのでご安心を。

2.欠席の際には、お手数でもその旨、info@kamenyaomote.com(大川原)まで
ご連絡下さい。
応募者多数の場合には、繰り上げで他の方に席をお譲りいたします。

(お申し込み)
info@kamenyaomote.com
宛てに【お名前・年齢・電話番号・ご住所】をお送りください。
メールの件名は【緊縛ワークショップ】としてください。

※ご予約確認メールの返信をもってご予約完了とさせていただきます。
万が一3日以上返信がない場合は再度お問合せ下さい。

※ご応募多数の場合は、抽選を行うことがあります。
あらかじめご了承ください。

(以上、公式サイトより)

講師は緊縛師 有末剛氏 【twitter:@GoArisue】

杉本彩さん主演の映画『花と蛇』をご存知の方も多いはず。
その映画で緊縛指導もされている緊縛界のビッグネーム。

rope_workshop_02

ゲストには野村真之介氏【twitter:@nomurashin0920】
漫才コンビ「モクレン」として活動しながら
東京学芸大学准教授高尾隆主催のインプロ団体
「即興実験学校」ファシリテーターとしても活躍中。

rope_workshop_03

異素材と未体験と

ビジネスシーンのコミュニケーション方法は
様々な方法論が百花繚乱花盛りの中で
このワークショップの掲げる主張には
今までにない、鮮烈な切り口があります。

その組み立て方の面白さ。
この組み合わせの新しさ。

ファッションでいえば「異素材の組み合わせ」でしょうか。

ワタクシには全くなかった発想だからこそ
慣れない世界でも興味は津々と募ります。

ネクタイを荒縄に持ち代えたら
結び直すのは自分と相手の関係。

段々、職場で自分以外に成り果てている消極的な貴兄も。
益々、職場で自分自身を成し遂げている積極的な貴兄も。

rope_workshop_04

期待と格言と

最後はビジネスマンらしく経営者の格言でも引用してみますか。

住友商事初代社長『ケンカ田路』と異名された
田路舜哉氏の座右の銘

「熱心な素人は怠慢な玄人に優る」

縛り合うことで得るのは”痛み”なのか”癒し”なのか。
新しいコミュニケーションの手綱を掴んでみませんか。

The following two tabs change content below.

hachi

孤児なので人と話せることを喜びます。

あいまいなもの、古いもの、「自己顕示欲の少ない人・引っ込み思案な人の告白」や「懺悔」が好き。
そんなお話を聞かせて頂ける方や作品のヒント・モチーフとなって下さるモノ・コト・ヒト自薦も他薦も大募集です。
Return Top